マンデリン

インドネシアのスマトラ島で生産されている「マンデリン」
赤道を中心として大小約1万3700もの島々から構成されている
インドネシアはアジア有数の群島国家です。
コーヒー生産量世界第三位のインドネシアではロブスタ種が中心。
一方アラビカ種はジャワ島、スラウェシ島、スマトラ島で生産されています。
特にスマトラ島のマンデリンはしっかりとした酸味に裏打ちされた
強い苦みがありインドネシアを代表するコーヒーです。

「ブルーマウンテン」が登場するまで
世界一のコーヒーとされていたスマトラ島のマンデリン。

酸味もやわらかく、口の中で広がるほろ苦さは上品な香りに
誘われるように、コクの豊かさも感じる珈琲豆です。
香りと旨味を持ち合わせた深いコクと甘みのある余韻が
とても長く続きます。
甘さを感じながら、余韻がスーッと喉の奥へ消えていきます。

ぜひ一度味わって見て下さい。


ちなみにインドネシアでのコーヒーの飲まれ方のご紹介。
インドネシア語では、コーヒーのことを「kopi(コピ)」と言い
人々は自宅や屋台、飲食のできる店で気軽にコピを楽しんでいます。
深めに焙煎したコーヒー豆をごくごく細かなパウダー状に挽いて
ガラス製のコップにコーヒーの粉、砂糖を入れ、お湯を注いでかき回し
、粉が沈むのをみはからってから上澄みを飲む、というスタイルがインドネシア流です。
時にはコーヒーにトウモロコシやお米、大豆を深く煎った粉がブレンドされていることもありますが
共通しているのは必ず砂糖を加え、かなり甘めになっていること。
ちなみに、赤道下にあって気温も湿度も高い国ですが、
意外にも冷たいコーヒーを飲むというスタイルはないそうです。

11904631_858124500941472_169175056086121511_n