お洒落なランチ

先日はいつも車がいっぱいの
ちょっと気になっていたお店でランチ。

ちょうどお昼時だったんですけど
すでに車がいっぱいです!!

中に入ると高めの天井で
空間は広く感じました。
女性客が8割くらいなのかなぁ。

注文は前菜と自家製パン
メインのパスタ
デザートと飲み物をチョイス。

まずは前菜とアンチョビを練り込んだパン




そしてメインのほうれん草を
練り込んだキタッラ
キタッラとはイタリア語で
ギターの事だそう。
ギターの弦のような針金が張ってあるもので、麺を切るそうです。
オイルベースだったので
けっこうズッシリでした。

デザートが可愛くて。

なんかこういうのは
嬉しくなってしまいますね

でも何より楽しかったのは
少し大人数だったんですけど
楽しい話が尽きなかった事です

いつもと違う場所で
のんびりとリフレッシュでした

珈琲屋32のオムライスの日

こーIMG_2397

いろんなお店で食べる機会が多いオムライス
なんだかしっくり合う味に出逢えなかったので
こんなメニューを作りました。

よりたくさんの人に味わって欲しいですね。

06日の語呂合わせで勝手にオムライスの日を作りました!
「とろふわ」な卵と特製デミグラスソースの素敵な出会いを
味わって下さいね(^_-)-☆
混み合うとペキュリアブレンドのテイスティングが
出来ない場合がありますので、ご注意下さい。

食後のブレンドコーヒー付 ¥1000

マンデリン

インドネシアのスマトラ島で生産されている「マンデリン」
赤道を中心として大小約1万3700もの島々から構成されている
インドネシアはアジア有数の群島国家です。
コーヒー生産量世界第三位のインドネシアではロブスタ種が中心。
一方アラビカ種はジャワ島、スラウェシ島、スマトラ島で生産されています。
特にスマトラ島のマンデリンはしっかりとした酸味に裏打ちされた
強い苦みがありインドネシアを代表するコーヒーです。

「ブルーマウンテン」が登場するまで
世界一のコーヒーとされていたスマトラ島のマンデリン。

酸味もやわらかく、口の中で広がるほろ苦さは上品な香りに
誘われるように、コクの豊かさも感じる珈琲豆です。
香りと旨味を持ち合わせた深いコクと甘みのある余韻が
とても長く続きます。
甘さを感じながら、余韻がスーッと喉の奥へ消えていきます。

ぜひ一度味わって見て下さい。


ちなみにインドネシアでのコーヒーの飲まれ方のご紹介。
インドネシア語では、コーヒーのことを「kopi(コピ)」と言い
人々は自宅や屋台、飲食のできる店で気軽にコピを楽しんでいます。
深めに焙煎したコーヒー豆をごくごく細かなパウダー状に挽いて
ガラス製のコップにコーヒーの粉、砂糖を入れ、お湯を注いでかき回し
、粉が沈むのをみはからってから上澄みを飲む、というスタイルがインドネシア流です。
時にはコーヒーにトウモロコシやお米、大豆を深く煎った粉がブレンドされていることもありますが
共通しているのは必ず砂糖を加え、かなり甘めになっていること。
ちなみに、赤道下にあって気温も湿度も高い国ですが、
意外にも冷たいコーヒーを飲むというスタイルはないそうです。

11904631_858124500941472_169175056086121511_n

ペキュリアブレンドコーヒーについて

ペキュリアブレンド

ペキュリアブレンド

よく尋ねられるのですが「ペキュリアブレンドってどんなの?」
とよく聞かれます。
お客様の好みに合わせたコーヒーで
テイスティングをしてもらいながら好みの味を決めて頂きます。

ペキュリアブレンドコーヒーをご注文頂くと
まずはテイスティングしてもらいます。
基本となるブレンドから『苦み』『酸味』『コク』『キレ』
ペキュリアブレンドなどのリクエストをお聞きし
そのお客様の基本の味を決めて頂きます。
味見をしながらなので少々お時間を頂きます。

例えば最初にハウスブレンドの味をみて頂いて
それより濃いとか薄いとか、酸味はこのくらいで
もう少し苦みを効かせてなど。
リクエストに答えながら一緒に答えを探していきます。
残してくださっても構いませんし
少し冷めた時の味の変化を
楽しむのも良しです。


テイスティングをして頂くカップはフルサイズに比べて
小さなサイズにしてます。
大体の方が3杯くらいで決まります。
最初にお出ししたものでいいと感じられても、
比較しやすいように2杯は味をみて頂いてます。
ほぼ同時に飲み比べるので
違いがよく分かると思います。 


微妙な味の違いになると、お客様におまかせしていると、
こちらの提案であうのかどうか不安にもなりますが、
何も言わなくても、おいしい顔をしてくださいます。
口角が上がると本当に美味しいのだなと、思います。
素敵な瞬間にいあわせると、とっても嬉しいです。


やっと決まってからは、フルカップのサービスとなります。
固定観念で濃いほうがいいとか、酸味はいいけどないほうがいいとか
たくさんのリクエストにもお答えしてきました。
なかにはコーヒーが苦くって嫌いとかいう事もありました。
お砂糖やミルクで紛らわせる事もなく
単純に美味しい珈琲もあります。
あなたにとって素敵なコーヒーが見つかりますように。

新聞記事です

最近はコーヒーを適度に飲むことが体に良いといわれていますね。

5月8日の山陽新聞朝刊の記事の紹介です。

一昔前まではコーヒーって体に悪いもの
なんて言われたりしていたのですが
案外体にいいことが解明されつつあります。

自分にとって好きなものを適度にとる事で
健康管理にもなるのはいいことですよね。11196339_803856883034901_7376067007936029911_n